‘セットアップ’ カテゴリーのアーカイブ

Mondo Rescueによるリストアを失敗しないために。

セットアップ, その他 | by 管理者
4月 21日 2014 年

Mondo Rescueのリストアに失敗する?

Linuxの定番のバックアップツールであるMondo Rescueは使い難い、というかバックアップは割りと簡単に取れるのだが、それとは裏腹にリストアは難しい。バックアップアップもリストアも全く同じハードディスクであれば、成功するかも知れないが、たとえ同じ容量でもメーカーや型番が違えばリストア出来ないこともある。事実、SEGATEのST31000528AS(SATA 1TB)から日立のHDS721010CLS332(SATA 1TB)にリストアできなかった。ハードディスクの故障で全く同じハードディスクが用意できるとは限らないわけで、これはこれで大問題。

その時に発生したエラーがこれ。
この画面を見ると、/dev/vg_king/lv_homeをマウントできないと表示されているが、ログを調べるとこのLVMの論理ボリュームを確保するときに容量が足りなくてエラーになっているようだった。同じ容量のディスクなのに微妙に違うのか?

リストア失敗

ところで我が家のサーバでは1TBのディスクを使っていながら、中身のデータはその1/10も無いため、この論理ボリュームを縮小してバックアップ→リストアしたところ成功させることが出来た。つまりMondo Rescueによるリストアを成功させる鍵は、ハードディスク一杯に容量を確保しないことだろう思う。ここまで分かれば、実データの容量に見合う小さなハードディスクでも良いだろうと想像出来るし、今は使わなくなった120GBや160GBのハードディスクがあるので、これに戻してみた。

そのためには確保している論理ボリュームの容量が大きすぎるので、下の画面のように/dev/vg_king/lv_homeを50GBに縮小した。
※ /dev/vg_king/lv_rootが50GB、/dev/vg_king/lv_homeが50GB、/dev/vg_king/lv_swapが6GB、その他もろもろ合わせて全部で110GB程度になる。

容量の縮小

リストア方法

Mondo RescueによるリストアはAutomaticallyによるフルオートとInteractivelyによる容量を指定しながら行う方法がある(完全マニュアルのexpertは割愛)が、Automaticallyでリストアすると一見問題なく終了しているのに「Error 13: Invalid or unsupported executable format. Press any key to continue 」と表示されて何故か起動しなかったり、元の容量と大きく違ったりするので、そのような問題が発生したときはInteractivelyでリストアすれば良い。
しかしInteractivelyを選択した時に初期表示される容量はかなりデタラメ。

RIMG0671

ここで全ての値を入力する。

sda2とsda1の合計が一致するように値を変更し、論理ボリュームは120GBのディスクを使うことを考慮してSizeを適当に埋める。論理ボリュームが存在しないとdose not exitとエラーが表示されるが、ここでは無視。

RIMG0672

「パーティションを削除するか?」、「全てのデータをリストアするか?」の問い合わせに対して両方とも「YES」を選択。「boot loaderを初期化するか?」の問い合わせに対して「YES」を選択。

RIMG0680

initrdを再作成するか?の問い合わせに対して「YES」を選択。

RIMG0681

/にchrootして/bootの下で以下のコマンドを打つように指示されるが、エラーが出て上手くいかないので、そのまま以下のコマンドをタイプする。
# mkinitrd -f -v initrd-2.x.y.img 2.x.y
※ e.g.・・・はfor exapmleのことで無視。

RIMG0682

initrdを再作成中

RIMG0686

リブートするとUUIDが違うため、CentOSの起動途中でストップする。そこでrootパスワードを入れて一旦抜ける。そして以下のコマンドををタイプしてハードディスクのUUIDを確認する。
# blkid /dev/sda1

RIMG0688

CentOSのインストールディスクで立ち上げ、レスキューモードを選択して、/etc/fstabのUUIDを正しい値に編集してからリブートする。

RIMG0689

無事に起動完了

RIMG0690

AutomaticallyでリストアするとハードディスクのUUIDも自動で書き換えてくれるので楽だが、意外に思ったとおりにならないので、運が良ければ使える程度に考えておいた方が良いと思う。

後日、SEAGATEの160GBのハードディスクからMondo RescueでバックアップしたけどWesternDigitalの160GBのハードディスクにリストア出来なかった。

このパソコンは本番環境で障害が発生したときに使用する使用頻度の低い自宅サーバなので、普段はBIOSでハードディスクを切り替えてWindows7のパソコンとして嫁が使用しているが、Mondo rescueでバックアップするときもWindows7のハードディスクが繋がった状態でバックアップし、リストアするときはWindows7のハードディスクを外して行ったため、ハードディスクの構成が違っていたことが原因となってリストアに失敗した。
Windows7の入ったディスクだから大丈夫だろうと安易に考えてバックアップしたのが間違いだった。Mondo Rescueでバックアップするときにハードディスクを外す手間を考えると、電源付きのハードディスクのリムーバブルケースを購入した方が良さそうだ。

レンタルサーバへのサイトの構築

セットアップ | by 管理者
4月 17日 2012 年

現在、自宅にWEBサーバーを配置して自宅から情報発信していますが、台風による停電でサーバが壊れる危険性や真夏の猛暑で火災になる危険性があり、このリスキーな期間は外部のレンタルサーバにサイトを移転することを考えております。

具体的には、自宅サーバにあるコンテンツと全く同じコンテンツを外部のサーバーに持たせて、DNSを切り替えて自宅サーバーを参照したり、レンタルサーバーを参照したりします。

つまり運用上リスキーな期間はレンタルサーバを参照し、そうでない期間は自宅サーバを参照するようにDNSを切り替えます。

そこでさくらインターネットの1番安い980円/月のVPSサーバーを契約してみました。

申し込み当時は4月16日から使用できるとのことでしたが、昨日サーバを起動することができなかったのでサポートに問い合わせたところ、未だ準備が出来ていないらしく、今週中に提供したいとの回答でした。

現在は、自宅サーバとはいえ1台のPCを専用で使用しているので、これ以上ない贅沢な環境で使っているのですが、共用で使うVPSサーバーだとどんな感じになるのでしょうか?

ホームページ運用やブログは運用上問題無いでしょうが、動画の動きがギクシャクするかもしれません。

それでも、サイトが存在して動作していることが一番重要なので、この方向で対策を行う予定です。

サーバーリプレース完了

セットアップ | by 管理者
8月 29日 2010 年

久しぶりの投稿になります。

というのは、サーバーリプレースのため、旧サーバの電源を落としていたからブログの更新が出来なかったのですが、ようやくOSであるLinuxと掲示板とブログのセットアップもほとんど終わったため、やっとブログの更新ができるようになりました。

24時間稼動のサーバなので、一番気になる電気代ですが、ワットチェッカーで計ったところ新サーバは約40W程度。celeron2.5GHzの旧サーバが60Wだったので、消費電力が約2/3程度になりました。

サーバの筐体をさわると旧サーバではかなり熱かったのに対し、新サーバではちっとも熱くない、それどころかガワを開けてCPUファン部分に直接触れても熱くないので、ここ数年のCPUの進化に感動を覚えます。

ところで、サーバセットアップで苦労したところについて備忘録として記載したいと思います。

セットアップ手順書は以下を参考にしました。ここの管理人様には感謝感激です。

ttp://fedorasrv.com/

1.バーチャルホスト設定

バーチャルホストで運用する必要はないのですが、興味があったのでバーチャルホストを立ててみました。

が、みごとにはまりました。

具体的には、http://www.trend-ai.comの前にabcをつけたとします。http://abcwww.trend-ai.com

すると、http://www.trend-ai.comのホームページではなく、バーチャルホストのホームページが表示されました。

試しにバーチャルホストで同じようにやっても、バーチャルホストのホームページが表示されるだけです。

まるで、バーチャルホストがメインのホストのような振る舞いをするのです。

Apacheの設定内容をみても間違っていないし、本当に悩みました。

そこで# http -Sを実行すると、メインホストがバーチャルホストになっている、なんだこりゃ。

どこで間違ったのか?

内部向けゾーン定義ファイルをリアルホストとバーチャルホストの2つ用意するのですが、早く読み込んだ方がメインホスト(リアルドメイン)になります。このつまり、ファイル名のアルファベット順でメインホストが決まることにあります。

named.trend-ai.com.zone  と  named.test.com.zoneとした場合、アルファベット順でnamed.test.com.zoneの方が先にとりこまれるため、バーチャルホストがメインホストになるわけです。

このことは、WEBで検索してもどこにも記載がないので、調べるのに苦労しました。

これ以外にいろいろとネタがありますので、また次回に書こうと思います。

公開サーバのハードの購入

セットアップ | by 管理者
8月 17日 2010 年

公開サイトの開発の最終段階に入ったので、サーバを立てるためにハードを一式購入した。OSはCENTOSを考えていたが、24時間稼動のサーバの省電力性を考えてCPUをCore i3にするつもりなので、カーネルのVerが古いCENTOSでは稼動実績がなく、FedoraかUbuntuになりそう。

Xを入れる予定はないのでCENTOSでも大丈夫かも・・・と思うのだが、2chの情報を見る限り止めたほうが無難らしい。

何はともあれ以下のハードを注文した。

MotherBord  MSI  H55-GD65

CPU Intel Core i3 530

Memory  CFD W3U1333Q-2G ×2(計4GB)

HDD HITACHI 0S02601 [1TB SATA300 7200]

Case Antec Threehundred

PowerSuply Antec EA-380D

DVR-Rはセットアップのために一時的に他から拝借し、セットアップ後に取りはずす予定。Displayとキーボードとマウスはあるものを流用する予定。

自宅サーバー構築

セットアップ | by 管理者
7月 11日 2010 年

古い自作PCで自宅サーバーを構築中ですが、5年位前のパソコンなので非力すぎるような気が・・・

WORDPRESSを入れましたが、動作がもっさりしていてこのまま使用するのはどうなんだろうか?

自宅サーバをドメイン登録していないからだと思いますが、自宅メールサーバで作ったメールアカウントから自分宛にメールが届くことを確認しましたが、外部のメールアカウントには無理みたいです。

プロバイダは、存在しないドメインからの送信メールを破棄しているみたいなので、早くドメイン登録したいのですが、ホームページが未だ公開できる状態にはないので、しばらくはメールが使えないままになりそう。

ttp://www.commufa.jp/support/info/20080818241.html

>送信用メールサーバのサブミッションポート (587番ポート) を使ったメール送信で、存在しないドメインを送信者とするメールの送信を制限いたします。