‘パソコン-その他’ カテゴリーのアーカイブ

HP Stream7でUSB機器を使用しながら充電できるのか?ebayでacasis H027購入編。

パソコン-その他 | by 管理者
8月 13日 2015 年

半年前に約1万円で購入したWindows8.1のタブレットHP Stream7ですが、軽くてコンパクトなのでノートパソコンに代わって毎日持ち歩いています。
しかも見てのとおり、Windows8.1から最新のWindows10にアップグレード済みです。

windows10にしたStream7

ところで半年近く使っていると、充電しながらUSBの外部デバイスを使えないことが不便に思えてきました。
例えば、バッテリーの残量が少ないときにポータブルハードディスク等のUSBの外部デバイスを使うと、暫くしてからバッテリー切れで使うことができなくなってしまう。

そこでStream7に関する海外の掲示板を見ていると、acasis H027というOTG対応のUSBハブをスイッチ2の位置で使うとStream7を充電しながら外部デバイスが使えるらしいということが分かりました。

しかしHPのサポートフォーラムや他の掲示板を探しても充電しながらUSBの外部デバイスを使える方法を探すと、Plugable® Pro8以外に出来る機種が見つからない。
本当にacasis H027で充電しながらUSB機器が使えるのか怪しい。

こちらの動画のコメントではStartech Y cableを使ってマウスやキーボード等のUSBデバイスを接続した上で1時間Stream7を使うと、バッテリーが96%に減ったと書いてあるので、上記のacasis H027も充電するというよりバテリーを消耗させないで現状維持のまま使える程度と考えて良いのかな?

私の使い方では充電できなくてもバッテリーの残量を維持したまま使えれば全然OKなので、人柱になるべくebayでacasis H027を買ってみました。
11.58カナダドル、日本円で約1100円(送料込み)でした。
信用の無い海外の業者との取引であるため、クレジットカードの番号を知られたくないので、paypalで決済しました。

同様の商品がamazonにも出品されていますが、価格はボッタクリなので、どちらで買うか皆さんの判断でお願いします。

サポートが切れたWindows XPに最新の更新プログラムを適用する実験

パソコン-その他, その他 | by 管理者
1月 07日 2015 年

昨年12月にパソコンのオペレーティングシステムのシェアでWindows XPがWindows 8を逆転したとの報道があり、どうみても眉唾ものだと思うのだが、それにしてもXPと8が拮抗しているというだけで、8の人気の無さとXPの根強さを感じることができる。
それにしても昨年5月にサポートの切れたXPを使い続けるのは、セキュリティの面から問題であることは各所で報道されているとおりだが、まだ使うことができるパソコンをサポートが切れたという理由から買い換えるのはもったいない。

そこで、XPに更新プログラムを適用できないか探したところ、マイクロソフトは認めていないけど、組み込み型のXPの更新プログラムを適用できることが判った。
というか、昨年の5月にこの情報は流れていたけど、その時点で適用できる更新プログラムが無かったので、確認したくても出来なかったというのが本当のところ。
組み込み型のXPは2019年までサポートされるので、サポートの切れたXPも同様に・・・
しかしマイクロソフトは認めていないので、やってはいけません。

でも本当に組み込み型のXPの更新プログラムが適用できるのか、VMWAREの仮想環境にWindows XPをセットアップして確認してみることにした。
この画面の右上の3行がレジストリに追加して組み込み型のXPだと宣言するスクリプトだがテキストエディタ(この場合はメモ帳)で作成してデスクトップに保存した。
そしてこのスクリプトをマウスでダブルクリックして適用してからWindows Updateを動かすと、25件の更新プログラムが表示された。

更新プログラム

次に更新プログラムを適用中

更新プログラム

適用した結果

適用結果

当然、適用できる更新プログラムはなし

適用完了

Windows XPのサポートが切れてから公開された組み込み型XPの25本の更新プログラムを適用してみたけど、更新に失敗したものは無く、特に問題は発生していない。
もちろん確認のためにセットアップしたWindows XPなので、すでに削除済みです。

ギガバイト  78LMT-USB3(REV.5.0)のWindows7 64bitのセットアップトラブル

パソコン-その他 | by 管理者
9月 17日 2014 年

今月頭に購入したGIGABYTEのマザーボード78LMT-USB3(REV.5.0)、すでにREV5.0なので息の長い枯れたマザーボードのはずだった・・・トラブルフリーじゃないの?

とにかくWindows7 professional 64 bitのセットアップに大変苦労した。

Windows7インストール直後に付属のインストールCDからドライバ類を入れたところ、AMD VISON Engine Control Centor(ディスプレイドライバの設定画面)が起動しない。

詳細はチップセットのドライバを入れてからビデオのドライバを入れると異常終了し、ビデオのドライバを入れてからチップセットのドライバを入れるとビデオのドライバが入っていないか正常に機能していないとのメッセージが表示されるというもの。

トラブル画面

にも拘わらず、どちらか1つだけドライバを入れると問題なく動作する。
ギガバイトのホームページから最新のドライバを入手したけど、結果は変わらなかった。

クロックアップしていないAMD PhenomⅡ 955、メモリーは4GBの1枚だけ、拡張カードはPT3を1枚だけ、IDE接続のDVDドライブにSATA接続のハードディスクを1台接続し、300Wの80plus電源とシンプルなハードウェア構成。
そしてBIOSはデフォルト設定からIDEモードをACHIモードに設定変更しただけ。

これでは使い物にならないので、ギガバイトのサポートに連絡して状況を説明すると初期不良じゃないのか?との返事だったが、それぞれ排他でチップセットとビデオのドライバを入れると正常動作するのでビデオのドライバとチップセットドライバの相性問題のように考えられ、もしドライバの相性が原因なら修理や新品交換しても意味が無いことになる。
※ なによりケースからマザーボードを取り外すのが面倒臭いし、他の故障の原因になるため、やりたくないというのが本音。

そこでAMDのホームページからデスクトップ製品のビデオのドライバだけ入手してインストールすると見事に解決した。

入手したファイル:13-9-legacy_vista_win7_64_dd_ccc_whql.exe

とはいえ、Windows7のセットアップ直後にチップセットのドライバと上記ビデオのドライバを入れてからWinodws Updateしたらエラーが山ほど出た(Windows7の復元ポイントで戻したことが原因かも?)ので、Windows7のセットアップを最初からやり直した上にビデオのドライバだけWindows Updateを終了してから入れてある。・・・この方法で問題なし。

上記内容をギガバイトのサポートに状況報告した上で検証依頼し、現在結果待ち。

今月末まで購入店の初期不良期間があるので、それまでにマザーボードの初期不良なのか、ドライバの相性なのかをはっきりさせたい。

*** 2014年9月24日 追加 ***
本日、ギガバイトサポートセンターから上記の事象を確認したとの連絡があった。
マザーボードの初期不良ではなくドライバのバグ。
画面右クリックで、AMD VISION Engine Control Centorの起動は出来ないけど、タスクトレイにアイコンが追加されるので、そちらからディスプレイドライバの設定変更が可能とのこと。
私は今更面倒なので、このままデスクトップのビデオのドライバを使う予定。

Firefoxでanalysticsが動かない、原因はAdblock Plusだけど無効にしない対策方法

パソコン-その他 | by 管理者
5月 26日 2013 年

Firefoxの新規アップデートに合わせてanalysticsが動かなくなった!?

Firefoxでanalysticsにログインすると下画面のように真っ白になってしまう。

真っ白な画面

 

 

Firefoxが原因だから、chromeでやれば良いと思ったら、chromeでも同じ現象になってしまう。

「そーか、analysticsのサーバ側の不具合だから、明日になれば動くだろう」と思ったけど、何日経っても一向に動かない。

おかしいな?と思いながらIEを使ったら、動いた。・・・なんだコレ?

 

 

ブラウザの動きがおかしいときに疑うのは、キャッシュやアドインの類と相場が決まっている。

そこで、まずFirefoxのキャッシュを削除しても直らなかったので、次に1つずつアドインを外していったら、Adblock Plusを外したところで動くようになった。

 

chromeもFirefox同様にAdblockが入っているから動かないのだと納得した。

しかし、鬱陶しい広告なんて見たくないので、Adblockを外したくない。

 

 

そこで、対策方法

画面左下を見ると「abp」のアイコンが見える。

 

 

adblockのアイコン

 

 

真っ白のanalysticsの画面でabpのアイコンをマウスで左クリックし、「このページだけ無効」を選択する。

このページだけ無効

 

 

再読み込みすると、analysticsの画面が表示された。

一度、上の画面で無効設定をしてしまえば次回以降は覚えていてくれるので、同じ操作を必要はありません。

やれやれ。

analysticsの画面が表示された

アンチウイルスソフト avast(アバスト)の使用期限が迫ったときの更新方法、1年無料の延長方法。

パソコン-その他 | by 管理者
5月 16日 2013 年

個人ユースのパソコンで有料のアンチウイルスソフトを使っている人はあまりいないと思いますが、今回はアンチウイルスソフトavast(アバスト)の1年間の使用期限が迫ったときの更新方法について説明します。

 

avast(アバスト)は使用期限が迫ると更新のお知らせメッセージが頻繁に表示され、親切な反面かなりうっとうしい。

そこでサクっと使用期限を更新してしまいました。

なんせ無料なので、使用期限ぎりぎりで更新するより、1ヶ月前でも2ヶ月前でも気が付いたときに更新すれば良いと思います。

avast

 

 

 

Windows画面右下のオレンジ色の丸いアイコンがavast(アバスト)です。このアイコンをマウスで右クリックします。

画面右下のタスクバー

 

 

ポップアップされたメニューから、「アバスト!ユーザーインターフェースを開く」を選択します。

メニューから選択

 

 

使用期限が表示された画面が表示されます。

※ この画面が表示されない時は「メンテナンス」と「登録」をマウスでクリックすると表示されます。

そして、「すぐに登録する」をクリックします。

更新期限が表示される

 

 

下の画面で左側の標準的な保護を選択します。・・・こちらは無料です。

推奨している右側は有料です。

左を選択

 

 

無料ライセンスの取得を続けるをクリックします。

ボタンをクリックします

 

 

右上の×を押して画面を閉じます。

この時点で使用期限の延長は完了しています。

画面を閉じます

 

 

残り365日に期限が伸びています、

これで終了です。

終了です。

 

 

このような優秀なソフトを無料で使用させてもらえるのでありがたいです。

avastに感謝!!<(_ _*)> アリガトォ

FirefoxのKB2670838問題、Windows7の自動更新を無効にするより、更新プログラムのみ非表示がベスト!?

パソコン-その他 | by 管理者
3月 04日 2013 年

Windows7の更新プログラムKB2670838を入れるとFirefoxの文字が滲んで崩れる件ですが、再発しました。

原因は、いつのまにか再インストールされていたKB2670838でした。

 

下の設定なら、自動的にKB2670838が再インストールされるはず無いと思うのですが・・・う~む、良く分からない。

いつの間にか入っているし!

更新プログラムの設定1

 

 

そこで更新プログラムを自動更新するように再設定し直し、KB2670838だけを自動更新の対象外にするようにしました。

自動更新に設定変更・・・①

更新プログラムの設定2

 

 

Windows Updateの画面で重要な更新プログラムが3つ存在している。・・・②

※ この3つの更新の中にKB2670838も入っている。

更新プログラムの除外方法0

 

 

該当の更新プログラムKB2670838を右クリックして非表示に変更・・・③

更新プログラムの除外方法1

 

 

重要な更新プログラムが2つになった。・・・④

※ これでKB2670838が除外された。

更新プログラムの除外方法2

 

この設定を変更してから、更新プログラムの「Bingデスクトップ」もいらないことに気が付いて、一緒に非表示にしました。

 

*** 2013年03月13日 追加 ***

IE10を入れたら、KB2670838も勝手にインストールされてしまいました。

おそらくIE10の前提プログラムになっているのかも!?

取り敢えず再・再・再アンインストール。

ひつこい、いい加減にして欲しい。\(`o'") コラーッ

IE10と一緒にKB2670838もインストールされた

 

KB2670838をアンインストールしたら、IE10もアンインストールされてしまった。

この問題が発生しているパソコンではIE10とFirefoxはどちらか一方しか使えないことになります。

私はFirefoxさえ使えれば良いので、これで良しとしました。

ちなみにIE10がアンインストールされてIE9に戻りました。

Firefoxの文字が滲んで崩れる件、Windows7の更新プログラムKB2670838が原因だった。

パソコン-その他 | by 管理者
3月 01日 2013 年

Firefoxの文字が滲んで崩れる件ですが、解決しました。

firefoxの文字が滲む

 

 

原因は昨日適用されたWindows7の更新プログラム KB2670838でした。

KB2670838をアンインストールして、Firefox 19.0と20.0で問題ないことを確認しました。

Windows7 64bit版でFirefoxの文字が滲む・崩れる心当たりがあれば、この更新プログラムをアンインストールすれば解決します。

その際、Windows7の更新プログラムの自動更新を無効にする必要があります。

KB2670838のアンインストール

 

Windows7の自動更新を無効にする方法はここです。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/turn-automatic-updating-on-or-off

 

*** 2013年3月8日 ***

自動更新を無効にするより、自動更新のままKB2670838のみ除外した方が良いと思います。

http://it.trend-ai.com/?p=9952

懲りないJavaのセキュリティーホール、自宅で株取引(ホームトレード)はJavaのバージョンに要注意!

パソコン-その他 | by 管理者
2月 11日 2013 年

政権が民主党から自民党に交代してから株が好調らしい。

散々、民主党が日本経済をどん底に落としてくれたため、株価もどん底。

だから、自民党に交代しただけで、株が値上がりしているためだ。

 

ところで、私は全く株をやらないのだが親父がパソコンを使って株取引(ホームトレード)をしているため、何かトラブルがあるとすぐに呼び出される。

もちろん、親父は高齢でパソコンは大の苦手。

当然WordやExcelなんて使えないけど、唯一株取引がやりたくて触りたくもないパソコンを使っているのだ。

 

そんな親父からまた・また・また・・・(いったい何度目だ!)連絡があった。

話を聞くと、インターネットエクスプローラーは起動できるが、ホームトレードの画面を呼び出しても会社の株価を表示する部分が真っ白になってしまうらしい。

この表示されずに白くなってしまう部分はJavaで作られているので、Windows7のコントロールパネルからJavaのアイコンをクリックすると「ブラウザのJavaが無効になっています」との表示。

JAVAコントロールパネル

 

 

そこで、「セキュリティ」タブをクリックすると「ブラウザでJavaコンテンツを無効にする」のチェックが外れていたので、このチェックを有効にしてからホームトレードの画面を出したところ、今度は問題なく会社の株価が表示された。

これでメデタシ、メデタシ・・・って訳にはいかねーよ!

 

何故このチェックが外れていたのか?

パソコン音痴の親父がWindows7のコントロールパネルからJavaのコントロールパネルを出してチェックを外すなんて出来る訳がないので、自動的に外れたとしか思えない。

javaの状態

 

 

次にJavaのバージョンを調べると、更新11。

javaのバージョン

 

 

アップデートできるのか?やってみたら、更新13になってしまった。

先月半ばにJava7のセキュリティホールについて米国土安全保障省から警告が出ており、その数日後にオラクルがJavaのアップデートプログラム(更新11)を配布したためこの騒ぎは鎮火したと思っていたが、あれから3週間と経っていないのに、更新11→更新13なので3回もアップデートプログラムが配布されていたことになる。

すぐにパッチを公開してくれるのは良いことだが、あまりにも更新間隔が短すぎて、こんな品質で良いのか?

更新後のJAVAのバージョン

 

 

Javaの設定で新しい更新プログラムがサーバにアップデートされると、更新するかどうか聞いてくるようにしているのだが、親父には怪しいプログラムを実行しないように、「はい」と「いいえ」のダイアログが表示されたら、「いいえ」をクリックするように常々言ってきたので、これではJavaのアップデートができない。

パソコンに精通していれば、こんなバカな事を言わないのだけど、間違ってウイルスを実行されるよりよっぽどましだと思っているので、自衛のためには仕方ない。

多くの会社のホームトレードシステムではJAVAを使っているようなので、JAVAのバージョンが最新になっていることの確認が必要だ。

 

 

ところで、この証券会社のシステムには昔から迷惑をかけられっぱなしだ。

下に書いたとおり、前提となるシステムが古すぎる。

昨年パソコンをWindows7に更新したら、Windows7の64bit版はサポート対象外とのこと。

それでもそのまま使ったら、ホームトレード画面の動作がいつもと違うと親父に指摘され、調査をしたらIEのバージョンが上がったことが原因だと判明した。

FirefoxもChromも最初からサポート対象外。

そこでWindows7のデフォルトのブラウザのバージョンはIE9なので、IE9をアンインストールしてIE8に戻して解決した。

JAVAの件は証券会社に責任はないが、この対応の悪さは致命的なので証券会社を変えるように親父にアドバイスした。

 

 

動作環境について

OS(オペレーティングソフト)

Windows: Vista/XP/2000/Me/98/NT4.0
Macintosh: Mac OS 8.6以上

ブラウザソフト

Windows: InternetExplorer5.01SP2以上、またはNetscape Communicator6.0以上
Macintosh: InternetExplorer5 for Mac以上、またはNetscape Communicator7.0以上

※InternetExplorer5 for MacはMicrosoft社による無償提供サービスが終了しております。(2006/01)

Java Script

本サイトはJava Script を使用しています。Java Script を無効にしている場合は有効に再設定してください。

 

 

東洋のホームトレードおうちでポンにおける推奨環境

OS(オペレーティングソフト)

Windows: Vista/XP/2000 (98/Meをご利用のお客さまは、OSのバージョンアップをご検討ください。)

ブラウザソフト

Windows: Internet Explorer6.0
Internet Explorer7.0
Internet Explorer8.0

 

TOYO MarketViewer推奨環境について

OS(オペレーティングソフト)

  • Windows XP(日本語版)
  • Windows Vista(日本語版)
  • Windows 7(32ビット 日本語版)

※Mac OS ではご利用いただくことが出来ません。

CPU

Pentium 3GHz相当以上

メモリ

  • Windows XP(日本語版)ご使用の場合 512MB以上
  • Windows Vista(日本語版)ご使用の場合 1GB以上

モニタ

解像度:1024 ×768 ピクセル 以上

カラー:65536色以上

空きディスク容量

5MB程度

ブラウザソフト

  • Internet Explorer 6
  • Internet Explorer 7
  • Internet Explorer 8

プラグインソフト

  • Microsoft Silverlight
  • Adobe Reader
  • Adobe Flash Player
  • Sun Java Plug-inのバージョン1.5以上

JavaScript

本サイトはJava Scriptを使用しています。Java Scriptを無効にしている場合は有効に再設定してください。

Cookie

本サイトはCookieを使用しています。Coolkieを無効にしている場合は有効に再設定してください。

上記以外のOS、ブラウザの組み合わせでは全てのサービスがご利用できません、ご了承ください。

 

Adbe Creative Suite 2(PhotoshopやIllustlator)やAcrobat等が無料でダウンロード可能になっています。

パソコン-その他 | by 管理者
1月 09日 2013 年

今日の朝からあちこちに転載されまくっていますが、Adbe Creative Suite 2(PhotoshopやIllustlator)やAcrobat等が無料でダウンロード可能になっています。

買ったらかなり高い製品だけにかなりショッキングです。

これはAdbeがアクティベーションサーバーを停止するため、正規ユーザーに対する利便性をとった処理ですが、実質誰でもダウンロードしてアクティベーションなしで使うことができてしまいます。

企業ユーザは監査があるのでライセンス無しで使うのは不味いですが、個人では取締りようがないですね。

Adobe社の見解は以下の通りです。

弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

 

今から6年前のソフトなので、WindowsVistaやWindows7はサポート対象ではないようですが、問題なく動くようです。

※ Illustlatorは日本語環境に問題があって、動かすには一工夫必要みたいです。

 

http://www.adobe.com/jp/downloads/cs2_downloads/index.html

adbe cs2

 

ステマ記事(アフェリエイト)に騙されるな!無防備なIE(インターネットエクスプローラー)から別のブラウザに乗り換えよう。

パソコン-その他 | by 管理者
12月 21日 2012 年

IE(インターネットエクスプローラー)は宣伝広告の排除やアフェリエイトを判別する機能を実装できないため、他のブラウザに乗り換えて防衛しようというお話です。

暫く前にオークションで入手したと偽って、詐欺のオークションサイトに誘導する記事を数十万円の報酬で書いて警察に事情聴取された芸能人が話題になりましたが、同様のことをやっている芸能人が沢山います。(「ペニーオークション 芸能人」で検索すると沢山ヒットします。)

また、芸能人に限らず、嘘の口コミ記事を数十円~数百円の報酬で書くアルバイトもあるようです。

ステマ芸能人

 

ネットでは上記のように①金を貰って嘘の記事を書いて怪しいサイトに誘導したり、商品やお店の評判に嘘のクチコミを書くステマだけではなく、②商品が売れると記事を書いた人に金が入るアフェリエイトもステマの温床になっています。

ちなみに「ステマ」とは「ステルスマーケティング」のことを示し、消費者に分からないように記事の中に潜り込ませて商品の宣伝を行ったり、金を貰って良い噂を流すことを言います。

 

ここでは②のアフェリエイトの記事を機械的に判別する方法について説明します。

アフェリエイトをやっていると、本当に製品を所持していても金のために欠点を隠して製品の評価を甘くしがちです。

また製品を使ったことすらないのに適当に美辞麗句を並べて嘘の評価をしている記事も沢山あります。

そのため、アフェリエイト記事は嘘を言っていないか、一歩距離を置いて内容を吟味することが重要です。

アフェリエイトとは:

Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。

http://e-words.jp/w/E382A2E38395E382A3E383AAE382A8E382A4E38388.html より

 

しかし、その記事がアフェリエイトだと判らなければ疑いようがないのも事実。

そこで、アフェリエイトを判別できなきいIE(インターネットエクスプローラー)から別のブラウザに乗り換えるることをお勧めします。

 

 

国内におけるブラウザのシェアはIEが50%を占める

日本国内におけるブラウザのシェアはStatCounterの今年7月の調査でIE(インターネットエクスプローラー)が52.86%、Chromeが18.82%、Firefoxが17.72%とのこと。

ブラウザのシェア

調査会社によって多少のばらつきがあるでしょうが、おおよそ半分をIEが占め、残り4割をChromeとFirefoxが折半し、そして残り10%をその他のsafariやOperaが占める状況らしい。

さて、ここまでお話してIE(インターネットエクスプローラー)とかChromeやFirefoxって何って思った方は、おそらくご使用中のブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)だと思います。

何故なら、Windowsに初めから搭載されているブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)だから何も意識しないで使っているブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)である可能性が一番高いからです。

つまり国内では少なくとも50%の人が、ステマである可能性のある記事を何の疑いも無く見ているわけです。

 

 

ステマ排除に必要なブラウザの機能

IE(インターネットエクスプローラー)を初め、どのブラウザを使っても普通にネットを閲覧したりYoutubeなどで動画を見ることができますが、ステマ記事から防衛するためには、宣伝広告を排除したり言葉巧みに商品を紹介するアフェリエイト記事を判別出来るブラウザの方が好ましいと言えます。

そこでブラウザに必要となる機能を挙げると、最低条件としてアフェリエイトの判別ができるA Killer Modを実装できるブラウザであること、さらに広告を排除するAdblockやAdblock Plusが実装できるブラウザであれば尚良いだろうと思います。

IE(インターネットエクスプローラー)でネットサーフィンするのは、戦車と喧嘩をするのに丸腰で突撃するようなものです。少なくともステマ記事(アフェリエイト)だと分かるような武器を持って喧嘩したいです。

 

 

ではどうやってアフェリエイトを判別するのか?

ネットにおけるステマには基本的に金が絡みます。

アフェリエイトは自分が管理するブログやホームページに商品の紹介とショッピングサイトへのリンクを掲載し、そのリンクに見ただけでは判らないように自分のIDを仕込んでおきます。

そして閲覧者が紹介記事を読んでその商品のリンクをクリックしてショッピングサイトで商品が売れると、仕込んだIDから記事を書いた本人が特定され報酬が入るという仕組みです。

よって、ブラウザにアフェリエイトリンクを判別する仕掛け(A Killer Mod) を実装することで、その記事がアフェリエイトだと判別することが出来ます。

そして、これを実現できるブラウザは、FirfoxとChromeとOperaです。

国内のシェア50%を占めるIE(インターネットエクスプローラー)はどちらも実装できないのでChromeやFirefoxやOperaに乗り換えることをお勧めします。

 

A Killer Modを実装したFirefoxで製品を検索すると、以下の赤枠で囲んだ部分に[A Killerから始まるリンクが有り、このリンクがアフェリエイトリンクだと判別できます。

もし、あなたがこのリンクをクリックして、その先のショッピングサイト(この場合はアマゾン)で買い物をすると、この記事を書いた人に報酬として金が入ります。

A Killer Modの表示例

 

 

OperaにおけるA Killer Modの実装方法

Operaをセットアップします。

javaScriptを保存するフォルダを確認します。

左上のOperaボタン→設定→詳細設定→コンテンツ→JavaScriptオプションのユーザーjavaScriptフォルダの場所です。

operaにA Killer Modを実装する

 

以下のリンクからA Killer Modのスクリプト(0.4.0.5 (Opera/Greasekit))をダウンロードします。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/・・・リンク切れ

http://web.archive.org/web/20130227041129/http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/

Opera A Killer Modのダウンロード

Operaでは以下のフォルダにjavaScriptがダウンロードされます。

左上のOperaボタン→設定→詳細設定→ダウンロード

ダウンロードしたスクリプト(pa_killer_mod_0_4_0_5.user.js)をユーザーjavaScriptフォルダにコピーしてOperaを再起動します。

 

 

FirefoxにおけるA Killer Modの実装方法

Firefoxをセットアップします。

以下のURLからScriptishをダウンロードし、Firefoxに追加します。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/scriptish/

 

 

以下のリンクからA Killer Modのスクリプト( 0.4.0.5 (Greasemonkey/Google Chrome))をインストールして再起動します。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/・・・リンク切れ

http://web.archive.org/web/20130227041129/http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/

Firefoxにa killer modのダウンロード

 

 

ChromeにおけるA Killer Modの実装方法

Chromeをセットアップします。

以下のリンクからA Killer Modのスクリプト( 0.4.0.5 (Greasemonkey/Google Chrome))をダウンロードします。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/・・・リンク切れ

http://web.archive.org/web/20130227041129/http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamj/archives/a_killer_mod/

chromeにa killer modのダウンロード

 

ダウンロードしたスクリプトファイル(a_killer_mod_0_4_0_5.user.js)を下の拡張機能の画面にドラッグアンドドロップします。

chromeに実装

 

上記方法で、FirfoxとChromeとOperaにアフェリエイトを判別するA Killer Modを実装できるので、お試しください。

また、宣伝広告を抑止するAdblockやAdblock Plusの実装方法は別途記載します。