‘ホームページ-その他’ カテゴリーのアーカイブ

有効な中小零細企業のFacebookページとGoogle+ページの利用に関して

ホームページ-その他 | by 管理者
1月 04日 2013 年

1年前に作ったまま放置していたFacebookページとGoogle+ページの再構築を行いました。

 

Facebookページ:https://www.facebook.com/baisenki

Facebookページ

 

Google+ページ:https://plus.google.com/100795471153001110059/posts

Google+ページ

※ カバー画像が大きいだけあって両者を比較すると、Facebookページの方がバランスが良くて見栄えのあるページが作成できますね。

 

今でこそ翳り(かげり)の見え始めたFacebookですが、わずか2年前は飛ぶ鳥落とす勢いで快進撃していたので、「やってみようか」ってことで始めたのですが、どうも私には馴染まない

理由はいくつかあるけど、嘘・馴れ合いの「いいね」が生理的に大嫌い、そしてFacebookページやGoogle+ページは商用利用に向いていないかもしれない。と思ったから。

おそらく、私と同じように感じている人は多いのではないでしょうか?

 

「大企業だってFacebookをやっているじゃないか?」って声が聞こえてきそうですが、大企業は集客力の大きなホームページを持っているから、Facebookなんてやってもやらなくても良いんです。

当時、Facebookは話題性があったし、大企業は金があるから片手間で少しでも露出が増えるようにやっているだけでしょうね。

 

 

問題は中小零細企業!

ネットでお店の宣伝をするならFacebookページやGoogle+ページより、ブログやホームページ、ツイッターの方が良いと思います。

店舗だろうが商品だろうが制約無く自分の好きなデザインで作成できるし、ツイッターなら「今日のタイムセールは大根1本30円」とか速報性もある。

何より検索エンジンでSNSは上位表示されにくいので、結局なんのためにやっているのか分からなくなります。

そして、上でも書いたけど、一番嫌いなのが、馴れ合いの「いいね」!

 

写真付きで「お昼はカップラーメンです。」・・・いいね

駅の時刻表の写真付きで「今、XXX駅にいます。」・・・いいね

 

私には何が良いのか良く分からないし、これが普通の感覚だと思います。

 

「いいね」を付けてくれる人は、自分の発言にも「いいね」を付けてもらいたいので、お互いに馴れ合いでやっているのでしょうが、一歩離れたところから見ると、何をやっているんだろうって思います。

結局、商用利用でFacebookをやっても馴れ合いの世界なので顧客の新規開拓が出来るわけではなく、記事を書くだけ時間の無駄です。

それでも良い記事を書けばシェアしてくれるので記事は自然に拡散していくし、沢山「いいね」も付けてもらえます。

それなら、「Facebookで良い記事を書けば良いだろう」ってことになるけど、良い記事を書くほど気合を入れるのであれば、検索エンジンで上位表示出来て制約がないブログやホームページの方が良いだろうと・・・

そもそもお店の宣伝や商品の宣伝で注目されるような良い記事なんて書けないし、メーカーや大手ショッピングサイトの方が質の高い記事が多いし・・・って言うのであれば、お店の宣伝だけでなく、例えば釣りとかゴルフとか感心のある事の中から注目されるような質の高い記事を書けば良いのではないか?って思います。

さらにホームページやブログに「いいね」のボタンを付ければ良いだろうと・・・。

 

 

私のFacebookページとGoogle+ページの利用の仕方

じゃ、なんでお前は「FacebookページとGoogle+ページを再構築するの?」ってことになるのですが、私のメインのサイトはブログとホームページであり、サブとしてFacebookページとGoogle+ページを使います。

そして、基本的にブログで新規記事を書いて、その記事をFacebookページとGoogle+ページでシェアします。

つまり、FacebookページとGoogle+ページで新しい記事を書かないので手間が掛からない。

このページの某等に貼り付けたFacebookページとGoogle+ページの画像に写っている記事もこのブログの記事だというのが分かります。

もちろん、ブログで良い記事を書くことが条件になりますが、それをFacebookページとGoogle+ページにシェアすれば、その記事を読んで良いと思ってくれた人にさらにシェアされて自然とコミュニティニ内に広まること、そしてFacebookページとGoogle+ページで露出を増やしてブログやホームページに誘導する手段としてFacebookページとGoogle+ページを利用します。

このやり方が上手くいくかどうかわかりませんが、今年はこのような形でFacebookページとGoogle+を利用していきます。

当然、こんな記事は、FacebookページとGoogle+ページでシェアできないですね。

 

 

*** 2013年1月5日  追加 ***

商用利用を前提にFacebookページとGoogle+ページをいろいろと弄ってみて、両者の決定的な違いは検索機能にあることがわかりました。

標準機能でFacebookは自分が投稿したウォールの内容を検索できないのに対してGoogle+ページは検索出来る。

つまり、いくら素晴らしい記事を投稿しても、Facebookでは友達を作って記事を拡散してもらわない限り見てもらえないのに対して、Google+は検索経由で見て貰える。

ようは、Google+は作りっぱなしで良いのに対して、Facebookは営業活動が必要だという事。

 

FacebookとGoogle+で「PT3 セットアップ」をキーワードにして検索してみると、Facebookでは見つかりませんでしたが、

facebookはウォールの検索不可

 

Google+では検索されました。

商用利用するなら投稿内容が検索出来ないと使い勝手が悪いので、Facebookは商用利用に向いていないかもしれませんね。

google+は検索できる。

ブロガーやホームページの作者必見、フリーのイラストが沢山置いてるサイトを見つけました。

ホームページ-その他 | by 管理者
10月 19日 2012 年

フリーのイラストが沢山置いてる海外のサイトを見つけました。

場所はココです。

 

知ってる方も大勢いらっしゃると思いますが、私はホームページを公開してから2年余り経過し、幾度と無く修正して来ましたが、今までこんな凄いサイトがあるなんて知りませんでした。

今までは「イラスト フリー」等の検索条件で検索して コレダ! って思わなくても、他にピッタリはまる物が無いので、仕方なくそのイラストを使ってきましたが(作者さん、ごめんなさい)、このサイトはイラストの量がありすぎて目移りしてしまい、決められないところです。

 

 

日本語検索は無理なので日本語を英単語に置き換えて、例えば検索窓に「car」を入れて検索すると、車関連のイラストが743個もヒットします。

車で検索した画面

 

 

また、カテゴリ(分類)のところでvector music(音楽)を選択すると、12,739個もヒットします。

ページをめくって該当のイラストを探すだけで大変な作業です。

 

ダウンロードできるファイル形式は、epsがデフォルトなので、イラストレーターがないと使い難いです。

例えば、作者が「ここを編集してね」って意味で「Your Text」とか「Sample Text」とか書いてあっても、イラストレーターがないとその文字だけきれいに消す手段がないので、気に入ったイラストでもあきらめるものもあります。

しかし、掲載されたイラストの数が非常に多いので、探せばお目当てのものが見つかる思います。

私はこのサイトのおかげで、ホームページのタイトルが賑やかになりました。

絵心がなくて、ホームページやブログを開設している人にはお勧めのサイトです。・・・私のことです。 (;^_^A アセアセ・・・

メチャクチャ良いよ、GIMP(フリーの画像編集ソフト)

ホームページ-その他 | by 管理者
3月 08日 2011 年

この2つの写真を比べてください。

ぱっと見ると、「色が違う」ところに気が付きますが、良く見るとテーブルカバーの模様が違ったり、お皿の遠近感が違ったりといろいろと違っています。

 

サンプル写真1

サンプル写真2

上は、フリー(無料)の画像編集ソフト(GIMP2)を使って編集した写真です。

下は編集する前の写真です。(デジカメで撮っただけで未編集の写真)

この頃「無料です」っていう言葉に敏感になっていますが、「グリー」や「モバゲー」のようなインチキとは違います。

画像編集ソフトといれば、Adbe Photoshopが有名ですが、このソフトはDTPをやっているプロフェッショナルな人たちに支持されており、高度な編集機能と信頼性を備えている反面、価格が高くて趣味でホームページに写真を掲載している僕らアマチュアにとってそう簡単に手を出せるようなソフトではありません。

それに対して、ここで紹介するGIMP2はPhotoshop不要とばかりに様々な機能を備えた画像編集ソフトであり、僕が使うには必要にして十分、そしてタダというところがうれしいソフトです。

また、操作画面もPhotoshopにそっくりなので、Photoshopを使ったことがあれば、直感的に操作できるところもミソ

まず、上のケーキの編集でやったことを列記すると、

1. 画像の切り抜き・・・お皿に乗ったケーキを切り取ります。

2. 台形補正・・・デジカメの広角側(28mm)で撮影したため、遠近感が強すぎたので補正しました。

3. 画像の合成・・・テーブルカバーが汚かったので、別のテーブルカバーの画像を撮影してケーキと合成しました。

4. 影の合成・・・お皿に影が無いのは不自然なのでお皿に影をつけました。

5. 色・明るさ・くっきり具合・鮮やかさ等の調整・・・撮影したときの電気が電球色がったので、色のバランスに違和感があったため、補正しました。

6. ケーキの端の粉砂糖の降り方にムラがあったので、補正しました。

6. 文字入力しました。

ホームページに写真を掲載する上でこれら以外に欲しい機能は、背景をボカす機能ですが、もちろんそれも装備しています。

Photoshop ElementやPhpotoshopの購入を考えているなら、このソフトを使ってみるのも良いかも知れません。

※ もちろんサポートはないので仕事以外の用途に限られますが。

もう一つ、この写真はプロが撮ったフリーの写真です。

サンプル写真3

そして、その写真の中のフルーツのお皿をケーキのお皿に置き換えちゃいました。・・・うその写真ですね。

こんなことが出来ちゃうんです。ふ~。

この方が見栄えが良いのでホームページのガトーショコラの写真もこれに変えちゃおう。

サンプル写真4

もう少し先になりますが、ホームページに写真を掲載する時に役立つGIMP2の編集方法を掲載します。

しかし、何でこれほど高機能なソフトが無料なの?