デジタルカメラの撮像素子の大きさの比較表の作成、そしてお買い得なカメラ

by 管理者
4月 12日 2013 年

撮像素子が大きい方が画質が良いのは当たり前。

その上で、撮像素子の大きさとデジタルカメラの価格の比較表を作成してみました。

※ 色を付けた面積は、実際の撮像素子の大きさに比例しています。そのため各サイズ間で見たまま比較できます。

いかに安物のコンデジが小さな撮像素子を使ってるのか良く分かりますが、その上でさらにレンズが小さいので映りが良くなくても当然といえます。

また、高級コンデジでもフルザイズやAPS-Cに比較すると、撮像素子がずいぶん小さく見えます。

 

CCDのサイズとお買い得モデル

 

 

この図を見ると、モデル末期とはいえPentaxのK-01が、かなりお買い得なのが良く分かります。

K-01はコンデジに比べるとカメラの大きさが大きいので携帯性に難がありますが、携帯性より画質を優先するのであれば、昨年のモデルなので設計も新しくてお勧めです。

K-01

 

 

レンズ交換式のカメラなので、フィルムで撮影していた時代の従来のレンズも付けられるので、私は約10年前のレンズ(カメラより全然高かった)を付けていますが、写りは今のレンズに負けていません。

もし、Pentaxのカメラをお持ちであれば、そのレンズが使えるので、K-01ボディのみ購入すればさらにお買い得です。

ちなみにボディのみであればこの価格で販売しているショップがあります・・・私はここで買いました。

K-01 Bodyのみ

 

生産終了モデルなので、店頭在庫しか残っていないと思いますが、性能の良いカメラを安く欲しいと思っている方にはお勧めです。

最近、カメラネタが多いですが、自分が買って良かったと思っているデジカメなので、ついつい他人にも勧めてしまいたくなります。

写りの良さは、この1個前の記事を見てください。

この記事へのトラックバックURL