完全ではなかったサーバー監視、ホームページに繋がらないのにhttpの監視ステータスOKって何故?

by 管理者
4月 17日 2013 年

先月サーバーが落ちて17時間ホームページに繋がらない障害が発生したばかりなので、サーバーに障害が発生したらメールで連絡する無料のサービスに加入したばかり。

これで安心だ!・・・ってほど楽天的な人間じゃないので、取り敢えず朝起きた時と寝る前はホームページを見て大丈夫であることを確認しています。

 

 

今朝も、メールに異常を知らせる連絡が無かったので、サイトは大丈夫と思い込んでホームページにアクセスすると・・・繋がらない。

リモートでサーバにアクセスするとCPUの負荷が異常に高くなっており、サーバを再起動したら元通りになりました。

 

さて、午前1時40分に障害が発生してホームぺージが繋がらなくなったにもかかわらず、サーバー監視ログの80ポートのステータスはOKになっています。

障害発生から1時間後に3秒の遅延が発生していますが、それでもOKのステータスです。

ここのサーバー監視は、2回続けてエラーにならないとメールが送られない仕組みになっており、監視時間の閾値を弄っても無意味。

というか、そこそも無料の監視サービスなので監視時間の閾値の変更すら出来ません。

さて、どうしたものか・・・

 

単なる高付加になって応答するのに時間がかかっているだけじゃないのか?って思ってサーバのシステムログを見ましたが、そうじゃなさそうです。

何故、http(80ポート)のステータスがOKになるのか良く分かりません。

サーバーの監視ログ

この記事へのトラックバックURL