簡単にできる!秀丸メールを使って迷惑メールを纏めて総務省に通報

by 管理者
7月 31日 2013 年

今まで迷惑メールが届くアドレスはヤフーのフリーメールだけだったので大目に見ていましたが、最近は大切にしているプロバイダーのメールアドレスにまで迷惑メールが届くようになったので、このまま放置するとヤフーメールのメールボックスのように迷惑メールで溢れてしまいます。

 

そこで本格的に対策することにした。

といっても迷惑メールは、差出人を簡単に詐称できるため、受け取り側のシステムで根本的に対策する方法はありません。

そこで受け取った全ての迷惑メールを総務省から委託された迷惑メール相談センターに提出することにしました。

つまりこの手の迷惑メールは、警察に通報されると不味いこと、例えば詐欺、売春、改造B-CASの販売等の犯罪を犯しているので、総務省に通報して警察に動いてもらえれば自然に無くなるだろうという計画です。

臭い物にフタをするのではなく、完全除去を目的にしています。

 

 

ところで、私のところに来る迷惑メールの数は、1日に20通程度あり、1通ずつ迷惑メールを迷惑メール相談センターに送って提供することは面倒なのでしたくありません。

そこでさらに調べると「迷惑メール情報提供用プラグイン」を総務省が提供しており、これを使うと、一度に50通まで纏めて迷惑メールを提供することができることが分かりました。

しかし、Outlook ExpressやWindows Live Mailの一部のメールソフトしか対応していないので、私が普段使用している秀丸メールではこのプラグインを利用することが出来ません。

 

そこで、迷惑メール相談センターに電話して確認したところ、1通のメールに複数の迷惑メールを添付して、しかも件名も本文も未入力にして送ってくれれば良いとのことだったので、普段使っている秀丸メールでも対応可能だということが分かりました。

※ 迷惑メール相談センターによると、1通のメールに添付できる迷惑メールの件数に制限は無いそうです。

 

 

 

 以下は秀丸メールで総務省の迷惑メール相談センターに迷惑メールを提供する方法です。

 

迷惑メールを複数選択します。

スパムメールを選択

 

 

右クリックして、「添付ファイルとして転送」を選択します。

添付ファイルとして転送

 

 

宛先に「meiwaku@dekyo.or.jp」を指定し、件名と本文は未入力のまま送信します。

※ 送信すると、件名と本文が未入力である旨のエラーメッセージが表示されますが、無視して送信します。

メール送信

 

 

積年の恨みで全部で500通程度の迷惑メールを数回に分けて迷惑メール相談センターに提供しました。

同様に契約プロバイダのメールアドレスに届いた迷惑メールも迷惑メール相談センターに提供しました。

ここでは秀丸メールによる提供方法を説明しましたが、他のメールソフトでも添付ファイルとして迷惑メールを添付できれば同様のことが出来ます。

大した手間じゃないし、みんなで迷惑メールを総務省に通報して迷惑メールを撲滅しましょう。

この記事へのトラックバックURL