WordPressの日付による絞り込み機能(カレンダー機能)は削除した方が良い?

by 管理者
2月 14日 2014 年

ブログを日記のように書いていくと、記事の主たる分類は日付になり、ホームページのようにテーマ主体で記事を書くと主たる分類はテーマに属するカテゴリになります。

しかし私のブログはIT関連だったり珈琲の焙煎だったりテーマ主体だけど、月ごとに記事を絞り込む機能も実装していました。

月で絞り込む

 

 

月で絞り込む機能は有っても邪魔にならないし、何より過去に投稿した記事へのアクセスがしやすい。

いつ頃の記事かな?って探す時や時系列に記事を追う時も使いやすい。

しかし一つ落とし穴があります。

 

ウェブマスターツールで内部リンクを見ると下の画像のように日付のページが上位を占めるようになってしまいます。

内部リンクで上位の日付ページ

 

 

ところで、何処のSEO関連のサイトを見ても内部施策は大切、とりわけ沢山リンクされたページはそのサイトの中で重要なページであると認識されるため、内部リンクは重要とあります。

ということは、俺のサイトはこんな日付のページが重要なのか?ってことになってしまいます。

 

そこで日付のページが上位を占める原因を調査開始。

 

普通、リンクと言えば以下のようなaタグによるリンクを想像しますが、この場合は違っていました。

<a href="http://www.example.com/xxx.html">リンク</a>

 

ここでリンクされている日付のページはjavascriptによるこんな書き方。

<li><h2>過去の投稿記事</h2>
<select name="xxxx" onchange='document.location.href=this.options[this.selectedIndex].value;'>
	<option value="">月を選択</option>
	<option value='http://www.exapmle.com/?m=201402'> 2014年2月 &nbsp;(1)</option>
	<option value='http://www.exapmle.com/?m=201312'> 2013年12月 &nbsp;(1)</option>
	<option value='http://www.exapmle.com/?m=201311'> 2013年11月 &nbsp;(3)</option>
	<option value='http://www.exapmle.com/?m=201310'> 2013年10月 &nbsp;(1)</option>
</select>
</li>

 

aタグによるリンクは使い方を間違えるとスパム扱いされるので注意するのですが、javascriptによるリンクはノーマークでした。

早速、月による絞り込み機能を削除しましたが、逆に過去記事へのアクセスはやり難くなってしまいました。

 

昔はカレンダーを実装しているサイトが多かったと思いますが、最近少なくなっているのはこのようなことが理由かもしれないです。

ブログが日記であればxx月xx日の日記というようにカレンダーは必須だと思いますが、テーマ主体のブログであれば重要なのは日付ではなくテーマやそれに従属するカテゴリなのでカレンダーは無い方が良いのでしょうね。

 

この記事へのトラックバックURL