Windows7パソコンがスリープしてから5分程度で勝手に解除されるときの原因と対策。

by 管理者
11月 11日 2015 年

何時ごろから始まったのか分かりませんが、気が付くといつもパソコンが起動している状態になっていました。
てっきりPT3の録画予約でタイマー起動したのだろうと安易に考えていましたが、昨日パソコンをスリープにしてからタブレットを弄っていると暫くして突然パソコンが起動したので、動作がおかしいと気が付きました。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

原因調査開始

原因をネットで検索するとWindows10へのアップグレード絡みで同じような症状になっいる人がいるため、自分のパソコンを調査するとWindows Updateでスリープから起動しているログを発見しました。
以下の画面はイベントビューアのシステムのログで16時56分にスリープから復帰したときのものです。


イベントビューアー

以下のログはc:\windows\WindowsUpdate.logの一部で、上記イベントビューアのログと同時刻のものです。

2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU #############
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU ## START ## AU: Install updates
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU #########
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU # Initiating deadline install
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU WARNING: There are no approved updates to install
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU # Exit code = 0x8024000C
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU #########
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU ## END ## AU: Install updates
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU #############
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU WARNING: InitiateInstall failed, error = 0x8024000C
2015-11-10 16:46:34:552 1080 fe8 AU Successfully wrote event for AU health state:0
2015-11-10 16:48:30:088 1080 fe8 AU AU successfully set to wake up the machine for Deadline install at:2015-11-10 16:56:34
2015-11-10 16:56:36:500 1080 fe8 AU The machine was woken up by Windows Update
2015-11-10 16:56:36:500 1080 fe8 AU Forced install timer expired for AUInstallType = 5
2015-11-10 16:56:36:500 1080 fe8 AU UpdateDownloadProperties: 0 download(s) are still in progress.

対策開始

原因が分かれば対策は簡単。
そこで対策方法を調べるとレジストリを弄ってWindows10へのアップグレードを抑止すれば良いらしいということが分かりました。
具体的には管理者権限で以下のコマンドをコピーペーストして実行しました。


reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 00000001 /f
http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2015/07/23/windows-update-windows-10-1.aspx

しかし、思いもかけず結果はダメ。
スリープにして5分程度放置すると勝手にパソコンが起動してしまいます。
スリープ解除の原因はWindows Updateじゃないのか?

しかし、ログにWindows Updateが原因となってパソコンを起動したと出力されているので、コレが原因に決まっています。
そこでWindows Update絡みで何か特殊なことをやってないか記憶の整理をしたところ、思いついたのが更新プログラムKB3035583の非表示。
Windows10にアップグレードするつもりがなかったので、KB3035583を間違ってインストールしないように非表示にしていました。
そこで、KB3035583を再表示してインストールすると見事にスリープ復帰の問題は解決しました。
レジストリを弄ってWindows10へのアップグレードを抑止したことが原因なのか、タスクバーにWindows10へのアップグレードを推奨する「田マーク」は表示されていません。
暫く様子見ですが、取り合えずスリープの問題が解決して良かった。
※ 2015年11月11日の定例のWindows Updateで「田マーク」が再度表示されるようになりました。

電源オプションによるスリープの抑止

ちなみに、別の方法で電源オプションによるスリープを抑止することも出来ますが、この方法は全てのスリープを抑止してしまいます。

電源オプションによるスリープ抑止

例えば、私はこのパソコンにPT3を入れてタイマーでパソコンを起動して番組録画したり、毎日定時に起動してこのブログやホームページのバックアップを行なっていますが、それまで無効になってしまいます。
電源オプションによるスリープを抑止は、タイマー起動しないパソコンでしか使えない方法なので注意が必要です。

この記事へのトラックバックURL