自宅サーバのメールが使えなくなった。原因はDovecotの設定ファイルが書き換わった?

by 管理者
7月 15日 2011 年

自宅サーバをセットアップしたときにメールを使えるようにしていたのですが、いつの間にかメールが使えなくなっており、つい先日まで気づきませんでした。

これがメールを起動したときのエラーメッセージ

Plaintext authentication disallowed on non-secure (SSL/TLS) connections

メッセージを見る限り、平分での通信はダメといっているみたいです。

とくに何も弄った記憶もないし、Dovecotが出しているエラーらしいので、Dovecotの設定ファイル/etc/dovecot.confを見てみると・・・・無い!

/etc/dovecot.confがありません。代わりにdovecot.conf.rpmsaveな名称のファイルがあります。

dovecot.conf.rpmsaveを調査すると、Dovecotがアンインストールされると出来るらしい・・・ってことはアンインストールされた?

以下のコマンドでdovecotを再起動かけると

/etc/rc.d/init.d/dovecot restart

Dovecot Imap を停止中:                                     [  OK  ]
Dovecot Imap を起動中:                                     [  OK  ]

となり、再起動できるのでアンインストールはされていないらしい。

試しにdovecot.confをfindしてみると、こんなところに有りました。

/etc/dovecot/dovecot.conf

見つかったdovecot.confの中身をみると、ずいぶんと短くなりガラっと変わっています。

とりあえず、平分でも使えるように以下の一文を付け加えてdovecotを再起動してみました。

disable_plaintext_auth = no

これで問題なくメールの送受信ができるようになりました。

ところで、いつごろからメールの送受信が出来なくなったのであろうか?

※  ついでに、protocols = imap pop3 lmtpもコメントアウトしました。

この記事へのトラックバックURL