再発、Diceが間違ったIPアドレスでDNSを更新する。

しばらく調子良かったのですが、Diceが今朝の定期更新で間違ったIPアドレスをDNSに書き込んだため、ついさっきまでサーバー接続できませんでした。

申し訳ありませんでした。

Lan内からは問題なく接続できていたので気が付きませんでした。

原因は良く分かりません。

Diceのコマンド「setup」でIPアドレスを自動検出すると問題なく正しいIPアドレスを取得するのですが、「ex イベント番号」を実行すると、dice.iniに記載された間違ったIPアドレスを取得してDNSを更新してしまいます。

取りあえず、dice.iniに正しいIPアドレスを入れておきましたが、単なる時間稼ぎにしかならないので。

前回は、 「ex イベント番号」で即時実行したら正しいIPアドレスで更新、スケジュール実行すると間違ったIPアドレスで更新していたので、前回と若干違っています。

困ったものです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください