自動相互リンクツールでsnortの警告ログが多発

by 管理者
11月 17日 2010 年

一応にわかサーバの管理人なので、サーバの管理ツールであるsnortのログにも目を通しますが、何やら昨夜から怪しいipが断続的に記載されています。

警告メッセージの内容はコレ↓

WEB-CLIENT Mozilla Products IDN Spoofing Vulnerability Attempt

警告画面

Ddestination portが80ポートなので問題ないと思いながらも気になるのでアク禁にしました。

そしてしばらくしてから、自動相互リンク画面へ遷移するときに妙に時間がかかっていることに気づき、アパッチのログを調べるとタイムアウトしているとの表示がでています。

良く見ると、自動相互リンク画面にあるはずの広告の表示が出ていないので、どうやら画面表示するときに外部のサーバにアクセスして広告表示しているにもかかわらず、その外部のサーバをアク禁にしたのでタイムアウトしたというのが真相のようです。

しかし、自動相互リンクの画面に遷移するごとにログに記録されるので、記録しないようにしないと見づらくなってしまいます。

これは時間のあるときに考えます。

この記事へのトラックバックURL