良いよ、キーボードCZ-900

by 管理者
12月 18日 2010 年

DSのニの国にはまって、久しぶりの更新になってしまいました。
その間にいろいろあったのですが、まずはキーボードネタから。

以前、パソコンのキーボードにジュースをこぼされて壊れたというお話をしましたが、ようやく新しいキーボードを購入しました。
ロジクールのCZ-900です。

最近、ロジクールでは無線で光るキーボードやソーラーパネルを付けたキーボードなど意欲作が目白押しです。
その中から順当に選ぶと無線で光るキーボードのK800ですが、パソコンから距離が離れていないこと、またトラブッタ時にリカバリしやすいことなどの理由からオーソドックスな有線のキーボードCZ-900にしました。

このキーボードは光ることで有名ですが、決してきらびやかに光るのではなく、文字が白くきれいに見える感じで高級感があります。

また前評判どおり、キーを押した感触が良いですね。
押したときのしっとりとした感触と静かな打鍵音が以前のカチャカチャうるさいキーボードとは一線を画しており、自己満足度の高いキーボードです。
しかし、不満もあります。
DELキー廻りのキー配列が違う、半角/全角キーが小さい、キーボードの傾斜が緩いという点で今までのキーボードと違っており、違和感があります。
これは慣れの問題だと思っているので、おいおい解決されると思います。
価格も5500円程度なので、今がお買い得?

この記事へのトラックバックURL