ブレークしそうな予感、リビングPC

by 管理者
12月 31日 2010 年

ようやく注文していた部品が集まり、メインパソコンの組み立てをしました。

・MOTHERBORD:MSI 880gma-e45

・CPU:AMD Phenom II X6 1055T BOX [95W]

・HDD:HDS721010CLA332 × 2(以前のPCから移植)

・MEMORY:パトリオット PSD38G1333KH(8GB)

・CASE:ANTEC Threehundred AB

・電源:剛力3 GOURIKI3-500A

今回、OSをWindows7にするかWindowsXPにするか迷ったけど、結局WindowsXPにしちゃいました。

というのは、今までAMD Athron3200+を使ってきたけど、どのくらい性能アップしているのか認識したかったから。

リプレース対象のマシンのCPUは、今から8年も前に発売されたAthron3200+だから相当な性能アップが期待できそう。 ということで、WindowsXPをセットアップしたところ、何故かマウスの動きが怪しい。

何度かOSを入れ直して原因追求したところ、無線マウスのレシーバーの位置が前回と違っていた為、感度に影響を及ぼし、途中で引っ掛る動作をしてたみたい。

無線マウスのレシーバーを机の上までUSB延長ケーブルで延長してマウスの近くに配置したところ無事解決。

ところで、今回新しい試みですが、このマザーボードにはD-SUBとHDMIのインターフェースがあるので、D-SUBは17インチのディスプレイに接続し、HDMIは東芝REGZA 37Z8000に接続して、catarystで17インチディスプレイ:1024×768 75Hz、 REGZA:1920x1080 60Hzにしたところ、両方とも画面がブラックアウト。

そこでAMDのサイトから最新のAMD Catalyst Display Driverを落したところ、ブラックアウトする現象は無事解決。

最新版のDisplay Driverは設定項目が全て英語でしたが、ブラックアウト現象を解消するため、日本語環境で散々弄り回したあとなので、英語でも全然問題なし。

最新版ドライバでブラックアウトする現象は解消されたが、今度はデバイスマネージャーを見るとSMバスに!が付いており、どうやらSouth bridgeにドライバが当たっていないらしい。 South bridge(SB750)のドライバを探して、当ててみたところ!はなくなりこちらも問題解決。

さらっと書きましたが、暮れの忙しい時期にやっていたこともあり、かなり時間が掛かってしまいました。

これで、メインパソコンは最新スペックのパソコンへと生まれ変わりましたが、リプレース対象となったパソコンは、実家に引取られリビングPCになりました。

私が予想するところ、来年はリビングPC元年となり、リビングPCがブレークしそうな予感がします。

それは、何故か!

Logicoolから今年の年末に矢継ぎ早に発売された無線のキーボードとマウスが起爆剤となり、大画面TV接続されたパソコンを少し離れたテーブルからキーボードとマウスで操作することができるようになるから。

実家でリビングPCのセットアップをしたところ、老眼の親父には37型の大画面TVに映し出したパソコン画面に見易いと大好評。

無線のキーボードとマウスはLogicoolのK340とM305のセットで5880円也。

ttps://store.logicool.co.jp/lcs/catalog/campaign_products.php?campaign_id=27&WT_ac=psE%7C6203%7C%7Chp

マウスの使えないカーペットの上でごろごろしながらパソコン操作するのであれば無線のトラックボースマウスM570 があり、私はこちらを狙っています。

パソコンと言えば、ディスプレイとセットで個室で使うものというイメージでしたが、リビングPCの周辺機器が充実してきたので、これからはDVDビデオやゲーム機と同じように大画面TVにパソコンを接続して使う時代になるでしょう。

この記事へのトラックバックURL