サーバーリプレース完了

by 管理者
8月 29日 2010 年

久しぶりの投稿になります。

というのは、サーバーリプレースのため、旧サーバの電源を落としていたからブログの更新が出来なかったのですが、ようやくOSであるLinuxと掲示板とブログのセットアップもほとんど終わったため、やっとブログの更新ができるようになりました。

24時間稼動のサーバなので、一番気になる電気代ですが、ワットチェッカーで計ったところ新サーバは約40W程度。celeron2.5GHzの旧サーバが60Wだったので、消費電力が約2/3程度になりました。

サーバの筐体をさわると旧サーバではかなり熱かったのに対し、新サーバではちっとも熱くない、それどころかガワを開けてCPUファン部分に直接触れても熱くないので、ここ数年のCPUの進化に感動を覚えます。

ところで、サーバセットアップで苦労したところについて備忘録として記載したいと思います。

セットアップ手順書は以下を参考にしました。ここの管理人様には感謝感激です。

ttp://fedorasrv.com/

1.バーチャルホスト設定

バーチャルホストで運用する必要はないのですが、興味があったのでバーチャルホストを立ててみました。

が、みごとにはまりました。

具体的には、http://www.trend-ai.comの前にabcをつけたとします。http://abcwww.trend-ai.com

すると、http://www.trend-ai.comのホームページではなく、バーチャルホストのホームページが表示されました。

試しにバーチャルホストで同じようにやっても、バーチャルホストのホームページが表示されるだけです。

まるで、バーチャルホストがメインのホストのような振る舞いをするのです。

Apacheの設定内容をみても間違っていないし、本当に悩みました。

そこで# http -Sを実行すると、メインホストがバーチャルホストになっている、なんだこりゃ。

どこで間違ったのか?

内部向けゾーン定義ファイルをリアルホストとバーチャルホストの2つ用意するのですが、早く読み込んだ方がメインホスト(リアルドメイン)になります。このつまり、ファイル名のアルファベット順でメインホストが決まることにあります。

named.trend-ai.com.zone  と  named.test.com.zoneとした場合、アルファベット順でnamed.test.com.zoneの方が先にとりこまれるため、バーチャルホストがメインホストになるわけです。

このことは、WEBで検索してもどこにも記載がないので、調べるのに苦労しました。

これ以外にいろいろとネタがありますので、また次回に書こうと思います。

この記事へのトラックバックURL