レンタルサーバへのサイトの構築

現在、自宅にWEBサーバーを配置して自宅から情報発信していますが、台風による停電でサーバが壊れる危険性や真夏の猛暑で火災になる危険性があり、このリスキーな期間は外部のレンタルサーバにサイトを移転することを考えております。

具体的には、自宅サーバにあるコンテンツと全く同じコンテンツを外部のサーバーに持たせて、DNSを切り替えて自宅サーバーを参照したり、レンタルサーバーを参照したりします。

つまり運用上リスキーな期間はレンタルサーバを参照し、そうでない期間は自宅サーバを参照するようにDNSを切り替えます。

そこでさくらインターネットの1番安い980円/月のVPSサーバーを契約してみました。

申し込み当時は4月16日から使用できるとのことでしたが、昨日サーバを起動することができなかったのでサポートに問い合わせたところ、未だ準備が出来ていないらしく、今週中に提供したいとの回答でした。

現在は、自宅サーバとはいえ1台のPCを専用で使用しているので、これ以上ない贅沢な環境で使っているのですが、共用で使うVPSサーバーだとどんな感じになるのでしょうか?

ホームページ運用やブログは運用上問題無いでしょうが、動画の動きがギクシャクするかもしれません。

それでも、サイトが存在して動作していることが一番重要なので、この方向で対策を行う予定です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください