新規環境へのWordPressのリストア方法

by 管理者
4月 22日 2012 年

珈琲焙煎機の発売を開始してから少し落ち着いてきたので、台風シーズンを迎える前に自宅にあるWEBサーバをレンタルサーバに移行する計画を開始しました。

今回借りたサーバはさくらインターネットのVPSサーバ、100GBのハードディスクと1GBのメモリと1つのIPアドレスが割り振られるプランで月980円です。

ところで移行するにあたり、ブログのデータをそのまま新サーバに持っていく事ができるのか、かなり不安でした。

データのバックアップはBackWPupというプラグインで行っており、BackWPupのToolsメニューからリストアできると聞いていましたが、実際にやったことは無く。

当たり前ですね。

リストアに失敗したらブログが読めなくなって今までの努力が水の泡になってしまいますから、ブログをやり始めて間もない頃であればともかく、2年分もデータがあると、テストしてみようなんて気はさらさら起きません。

 

そして新サーバでリストアしたところ、無残にも失敗しました。

失敗といっても、Toolsからリストアしただけでは失敗します。

おそらくデータが大きすぎて(160MB)リストアの途中で終わってしまったみたいです。

しかし、力技でリストアできることがわかりました。

 

方法は以下の通りです。

前提として、WordPressを新サーバにセットアップし、BackWPupプラグインをインストールします。

① BackWPupで取得したバックアップデータからwordpress.sqlだけを抽出してバックアップデータとwordpress.sqlの両方をWordPressフォルダの直下に置きます。

② BackWPupのToolsからRestoreボタンを押して記事の文字部分のテキストデータ(wordpress.sqlに入っているみたい)のみリストアします。

③ サーバ上でバックアップファイルを上書きで解凍します。・・・画像データや各種設定情報、プラグイン等の上書きを行う。

# unzip -o バックアップファイル  ※カレントをwordpressフォルダに移してこのコマンドを実行、バックアップ形式はzipを想定

④ 1つ上の階層にカレントを移して所有者をrootからapacheに変更します。

# cd ..

# chown -R apache:apache wordpress  ※wordpressのフォルダをwordpressと想定

この方法で画像もプラグインもリストアできました。

この記事へのトラックバックURL