商品画像の物撮り ~ GIMPでの画像修正

by 管理者
4月 29日 2012 年

珈琲焙煎機の販売ページの写真ですが、当初は撮りあえず「撮った」っていう感じの写真を使っていましたが、本格的に「物撮り」してみました。

と言ってもきちんとした機材を持っているわけではなく、そもそもシロートなので身の回りに有るものを適当に選んで用意します。

 

まず、デジタルカメラは三脚に固定して手振れ防止のため、タイマーでシャッターを切ります。

背景は白い壁紙(良く見るとクリーム色で凹凸の模様がある)の残りがあったのでこれを使用しました。

撮影時間は、ネットで調べると午前中が一番良いらしいのですが、コンパクトデジカメはレンズが暗いので部屋に日が差し込んで一番明るくなる午後2時位に撮影しました。

そして撮影した結果がこれです。

 

① デジカメで撮影しただけの写真(サイズのみ変更)

明るい時間に撮影しましたが、少し暗くて冴えない写真です。

 

② 明るく補正

このままホームページに掲載するには冴えない写真だったので、全体にちょっとだけ明るくしました。

すると、壁紙の模様が目立ちだして、ACアダプターの黒色部分の色が飛んでるような、なんか安っぽい写真になってしまいました。

珈琲焙煎機本体は明るくなって良い感じですが、背景がぶち壊している感じです。

 

③ 珈琲焙煎機本体の画像の切り出し

そこで、以前紹介した画像処理ソフトのGIMPで珈琲焙煎機だけ切り抜いて、見栄えのある画像に編集してみます。

GIMPでの画像の切り抜きですが、「ファジー選択ツール」を使ってGIMPに自動選択させると、背景と珈琲焙煎機の境目がこんな感じにギザギザになって汚い。

そこで面倒くさいですが、パスを作成して切り出しました。

 

 

④ 背景画像との合成

商品画像として使用するなら背景色は白の方が良いのか?なんて思いましたが、少しさみしい感じがしたので、薄い青色のグラデーションを入れてみました。

今回もGIMPに助けてもらいましたが、本当にすごいスーパーウェッポンだと思います。

なんでこんな高機能なソフトが無料なの?

この記事へのトラックバックURL