サイト移行と自宅サーバ

by 管理者
5月 03日 2012 年

約2週間くらい前からレンタルサーバ上にサイト構築を行い、並行してホームページの見直しと自宅サーバのコンテンツの移行を行ってきましたが、ようやく終了しました。

今は、バリュードメインのDNSの参照先を切り替えるだけで、自宅サーバにしたりレンタルサーバにしたり、柔軟に切り替えることができるようになりました。

こうしてみると、トラぶったときの対処としてバックアップ環境が1つあると心理的にも心強いですね。

今回の移行先はさくらインターネットのVPSサーバでメモリ1GB・ハードディスク100GBの980円/月のプランですが、予想よりサクサクと動きます。

今までは自宅サーバを主にしてレンタルサーバをバックアップに考えていましたが、レンタルサーバを主にして自宅サーバをバックアップにしても良いのではないか?なんて思っています。

何故か今年のGWは涼しいですが、例年ならもっと暑かった記憶が・・・・

無人の家の中でサーバの熱暴走や火災等考えられるので、暑くなる前にサーバの移行が終了して良かった。

 

*** 追加 ***

これを書いた翌日ですが、とんでもないミスを発見しました。

WordPressに掲載した画像がこんな感じにIPアドレスでリンクされていました。

http://123.123.123.123/wordpress/image/abcd.jpg

早い話、固定IPなら問題ないですが、動的IPだと非常に不味いです。

WordPressのバックアップをBackWPupで戻したときに、ドメイン名がIPアドレスになってしまったみたい。

もう1度BackWPupでテキストデータのみ戻しました。

 

*** さらに追加 ***

上記対策でもダメでした。

そこで、phyMyaAminを使用してsqlでIPアドレスをドメイン名に置換しました。

実行したsqlはこれです。

  • UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,"http://123.123.123.123","http://www.trend-ai.com") WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';
  • UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,"http://123.123.123.123","http://www.trend-ai.com");
  • UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,"http://123.123.123.123","http://www.trend-ai.com");
  • UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,"http://123.123.123.123","http://www.trend-ai.com");

 

※ http://123.123.123.123 を http://www.trend-ai.com に置換します。

参考にししたサイトはココです。

http://notnil-creative.com/blog/archives/446

この記事へのトラックバックURL