パンダアップデートの餌食になりました。まず、多数のリンク切れを修正します。

by 管理者
7月 23日 2012 年

タイトルを見て、何それ?って方がかなり多いと思います。

 

パンダアップデートとは7月18日にgoogleが実施したコピーサイトや中身の薄っぺらなサイト、アフェリエイトばかりのサイトなど、検索で上位表示するのにふさわしくない低品質なサイトの順位を意図的に落とす検索アルゴリズムのことです。

詳しくはこちらに書いてあります。

http://www.suzukikenichi.com/blog/panda-update-for-japanese-onjuly-18-2012/

 

 

 

私のサイトは、ほとんどオリジナルなコンテンツなので、パンダアップデートとは無関係と思っていたのですが、パンダアップデートの餌食になった原因を調べると、過去の遺産で掲示板を開設していたことがあり、このコンテンツの中にNot Foundのページが多発(存在するはずのページが存在しない)していたため、管理者がメンテナンしていない質の悪いサイトと認識され、パンダアップデートの餌食になったみたいです。

Not Foundのページ数が263は多すぎですね。

しかも、外部サイトへのリンク切れではなく、自サイト内のリンク切れなので、管理していないと思われても仕方ないかも。

 

 

 

この山のようなNot Foundのページは自動的にCGIプログラムが作り出した幻影ですが、その対策のために閉鎖状態である掲示板のCGIプログラムを今更ゴリゴリ弄る気になれないので、コンテンツを機械的にHTMLに置き換える予定です。

あまり後ろ向きな対策はしたくないのですが、今まで何もしなかった罰ですね。

とりあえずこの対策をしてみて、それでも駄目なときは別の方法を考えます。

この記事へのトラックバックURL