WordPressのBackWPupとSugarSyncの連携でファイルが大きすぎてバックアップに失敗する場合の対処方法

WORDPRESSでブログを書いていますが、サーバに障害が発生しても元に戻せるように外部のクラウド(SugarSync)にデータのバックアップを取っています。

そのためにバックアップ用のプラグインBackWPupを使用していますが、今年の7月当初から失敗することが多くなって、それでも何度かリトライして成功していたのですが、中旬くらいから全く成功しなくなってしまいました。

 

はじめは放置していましたが、さすがにそうもいかなくなり、重い腰を上げて失敗する原因を調査したところ、BackWPupのファイル転送時間が10分を超えるとタイムアウトすることが判明しました。

 

転送時間を決定しているところは、 backwpup-functions.phpのこの部分「$revtime=time()-数字」の数字部分です。

この数字を大きくすると、タイムアウトする時間を延ばすことが出来ます。

BackWPupは良いプラグインですが、この数字をパラメータ化して設定画面から簡単に変更できると、さらに使い勝手が向上すると思います。

 

この対策を見つけてくれた人に感謝!!

 

****  変更後  ***

//cron work
function backwpup_cron() {
if (is_file(backwpup_get_temp().’.running’)) {
$cfg=get_option(‘backwpup’);
$revtime=time()-600; //10 min no progress.
$infile=backwpup_get_working_file();
$httpauthheader=”;

 

****  変更後  ***

$revtime=time()-1200; //20 min no progress.

$revtime=time()-1800; //30 min no progress.

$revtime=time()-2400; //40 min no progress.

$revtime=time()-3000; //50 min no progress.

 

 

*** 2012/08/07 追加 ***

下の画面は、この対策をして数日経過してからの画面ハードコピーですが、まったくWordPressの環境が問題なくバックアップできています。

欲を言えば、Linux Clientをリリースして欲しいな~と。

WordPressだけでなく、サイト全体のバックアップを取りたいですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください