悪夢ふたたび?、ウェブマスターツールで自サイトのIPアドレスによる「サイトへのリンク」が急増

by 管理者
8月 09日 2012 年

しばらく前に収束したはずの自サイトのIPアドレスによるリンクですが、最近また復活してきました。

ふと気が付くと191個もあります。

ちなみに下画面の219.94.0.251はIPアドレスの3桁目と4桁目が入れ替わり、3桁目が0になるウェブマスターツールのバグと思われます。

 

わずか3ヶ月前のことですが、このときはgoogleから警告をもらったため対策して審査請求し、現在は解決済みです。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

http://it.trend-ai.com/?p=5303

 

 

前回完全に修正したはずなのに、どうしてだろう?

※ 再度、Wordpressの全てのテーブルに対してMySQLからIPアドレスで検索してみましたが、1件もヒットしません。・・・当然です。

 

 

丁度googleがパンダアップデートやペンギンアップデートを適用したばかりなので、おそらくその影響だと思いますが、本当にgoogleが犯人なのか憶測だけで答えを出すわけにはいかないので、アパッチのログを調査しました。

するとhttp://123.123.123.123/hogehogeのようにIPアドレスでアクセスしている奴の正体は予想どおりgoogleでした。

IPアドレスでサイトへアクセスできれば、リンク数としてカウントしているのでしょうか?

 

下の画面の74.125.16.○○○はgoogleのIPアドレスです。

じゅうたん爆撃さながらgoogleのIPアドレスでログが埋め尽くされています。

 

 

 

googleはホスト名からIPアドレスを調べてURLを調べたIPアドレスに置き換えて見に来ている、もしくは過去に警告を受けたことのあるサイトはパンダアップデートやペンギンアップデートで念入りにチェックしている可能性があります。

 

本来なら何も対策する必要は無いはずですが、このままにしておくと、ドメイン名を使ったURLとIPアドレスを使ったURLで同じページを参照するため、タイトルタグの重複にカウントされる可能性があり、IPアドレスでアクセスがあったらドメイン名に変換するように.htaccessを修正(正規化)しました。

現在は、googleがhttp://123.123.123.123/hogehogeでアクセスしてもhttp://www.trend-ai.com/hogehogeに自動変換されます。

 

サイト直下の.htaccessの内容

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^123.123.123.123$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.trend-ai.com/$1 [R=301,L]

 

WordPress直下の.htaccessの内容

Options +FollowSymLinks
# BEGIN WordPress
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^123.123.123.123$
RewriteRule ^(.*)$ http://it.trend-ai.com/$1 [R=301,L]
# END WordPress

 

私の環境ではWordPressとホームページが同一階層だったため、当初リダイレクトできませんした。

そこで、httpd.confを見直して以下を追加しました。

<Directory ”WordPressの階層”>
Options FollowSymLinks
AllowOverride All
</Directory>

主要なキーワードの検索順位を見ると、ようやくパンダアップデートの呪縛から開放される兆しが見えてきたので、これ以上のトラブルはマジに簡便して欲しいです。

この記事へのトラックバックURL