Bingのウェブマスターツールの活用法

by 管理者
10月 30日 2012 年

Bingは検索エンジン全体のたった3%しかシェアを押さえていないので、無視している方も多いと思います。

実はサイトを公開して2年以上経ちますが、今まで全く無視していました。

検索するときはいつもgoogle(Yahooのエンジンはgoogleなので使わない)なので、Bingに全く縁がありませんでした。

しかし、ウェブを見ているとBingのウェブマスターツールの紹介記事が書いてあり、何か新しい発見があるかもしれないと考えて興味本位でBingのウェブマスターツールに登録してみました。

すると、いくつか役に立ちそうなツールがありました。

SEOレポート

ブログやホームページで間違った記述があると、下画像のように教えてくれます。

さすがに1,016個もある画像にalt属性を付けるつもりは今のところないですが、それ以外で重要度が「高」なところは直した方が良いだろうと思っています。

ちなみに「<h1>タグがありません」エラーはすでに修正済みです。

 

詳細を見ると、どこが間違っているのか教えてくれます。

 

BingでSEOをするのではなく、エラーチェックのツールとして使うには良いかもしれないです。

そのため時間がある時にBingに指摘されたMeta属性のDescriptionが無いところや長すぎるところを修整しています。

 

 

*** 追加 ***

googleはブログやホームページで間違った記述の指摘をすることは無く、ある意味不親切ですが、その理由はスパム業者に修正箇所のヒントを与えないためであると言われています。

検索エンジン側から見れば、Bingで指摘された箇所はgoogleでも同様に指摘されるべき箇所なのかもしれません。

もしそうなら、Bingに指摘されて修正することは無駄じゃないかもしれないですね。

この記事へのトラックバックURL