会社のホームページ運営を無責任なSEO業者に任せると大変なことに!

by 管理者
10月 31日 2012 年

文字化けして何を販売しているのか良く分からない会社のホームページですが、隠しリンクが沢山埋め込まれています

隠しリンクとは、検索エンジンの掲載順位を上げるために、人間の目に見えないようにリンクを埋め込む手法ですが、Googleからペナルティを科せられるので、現在はこんなことをやるSEO業者は殆どいません。・・・いや、いないはず!?

場所は以下のURLです。

http://chsdftnew.fangxu.org/

 

怪しいホームページ

 

 

このサイトを以下で調べると中国のサイトのようです。

http://www.aguse.jp/

サイトの調査

 

 

ホームページのプログラムソースを表示するとSEO業者のカモになった会社がズラズラと・・・

SEO業者のカモになった会社の一覧

 

ここに掲載されている隠しリンクの業者を見ると、住宅建設やその他の不動産関係、歯医者や整形外科等の医療関係が目立ちますが、殆ど名前を聞かない中小企業ばかりです。

ホームページを作ったけど、アクセス数が伸びない為、やむなくSEO業者に頼んでみたら、リンクが沢山貼られたサイトほど人気のあるサイトとして検索エンジンの掲載順位が上がるのでリンクを増やす事を提案された。

そしてSEO業者によって自社のホームページに張ってもらったリンクは中国の怪しいホームページからの隠しリンクだったと想像できます。

せっかくお金を出してホームページの掲載順位を上げて貰うようにSEO業者に依頼しても、逆にGoogleからペナルティを科されて掲載順位を落とされるのでは、何のためにお金を出したのか分かりません。

恩をあだで返されるようなものです。

 

この隠しリンクの業者の中に「山城デザイン」という会社がありますが、Webデザインをやっている会社なので、このカラクリを知っていそうな気もするのですが、何故こんなものに手を出したのでしょうか?

アクセス数を伸ばしたいのは分かりますが、「私はWebの知識のない会社です」と言っているようなものです。

中国のサイトなので、簡単に貼ったリンクを剥がしてくれるのか、リンクを剥がすだけでもお金がかかるかもしれません。

若しくは隠しリンクに気が付いてリンクを剥がしたくても剥がせずにスルズルと掲載されたままになっている可能性もあります。

 

 

もしSEOを依頼するなら

決してSEOが悪いわけではありません。

多かれ少なかれどのサイトでもSEOをやっていると思います。

そして今は大丈夫でも有料リンクや相互リンクのように基準が曖昧で今後はどうなるか分からないSEOもあります。

しかしお金を出して外部にSEOを依頼するのであれば、どのようなSEOをするのか、リスクはどのようなものがあるのか、業者と良く確認してから依頼することをお勧めお勧めします。

この記事へのトラックバックURL