100円均一で購入した「薄くて曲がるまな板」のマウスパッド、なかなか良いかも!

by 管理者
11月 13日 2012 年

この机は4人がけのダイニングテーブルですが、マウスパッドを使わないでマウス操作していたら、机の表面がマウスで削れて変色してしまいました。

マウスで表面が剥がれた机

 

そこで机の保護のため、マウスパッドを使った方が良いと思いましたが、メーカー製のマウスパッドは、耐久性が無いのにそこそこの価格がするので購入意欲が沸きません。

そこで、ダイソーで買ったマウスパッドがこれですが、マウスを動かすときに初動が悪くてブレーキがかかるので、アーマーオール等の潤滑剤で拭かないと使い物になりません。

滑りの悪いダイソーのマウスパッド

 

 

次に滑りやすさと耐久性を考慮して購入した樹脂製のマウスパッドがこれですが、わずか2ヶ月で表面が削れてこの有様です。

しかもマウスの下は削れた細かい樹脂の粉が付着して真っ白です。

耐久性の無い樹脂のマウスパッド

 

 

滑りやすさと耐久性を考えたら、ガラスか石か金属製のマウスパッドか?なんて思いましたが、価格を調べてみるとかなり高価。

そこで、料理で時々お世話になるう薄いまな板の滑りが良いことを思い出し、100円均一で光学式マウスの操作性を考慮して半透明と色付きの2枚のまな板を購入してみました。

薄いまな板

 

 

机に置いてマウス操作すると滑りも良いし、まずますの感触。

しかし、まな板自体が滑るので、マウス操作と一緒に机の上でまな板がズレてしまう。

机に置いたまな板

 

 

そこで、別の部屋で使っていた100円均一で購入した滑り止めのマットがあるのを思い出し、その滑り止めの上にまな板を置いたところ、かなり調子が良い。

光学式のマウスで透明・半透明のマウスパッドはダメかもしれないと半信半疑でしたが、普段使っているロジクール MX1100だけじゃなく、M325で操作しても問題なし。

そして薄いし、広いし、何より安い。

100円均一で購入したまな板と滑り止めの組み合わせですが、なかり良いかも!

しばらくすると、まな板の印刷は削れて薄くなるでしょうが、マウスパッドとして使えれば問題なし。

耐久性はまた後日。

滑り止めの上に置いたまな板

この記事へのトラックバックURL