(インクの詰め替え)専用工具を使わないでインクタンクのボールを落とす方法

by 管理者
11月 29日 2012 年

最近のキャノン(Canon)のプリンターは簡単にインクの詰め替えが出来ないようにインクタンクのボールが硬く固着しており、従来のプラスチックの専用工具では壊れてしまいます。

こんなことを言う私もボールがなかなか落とせなくて、プラスチックの専用工具の上からハンマーで叩いているうちに、工具が破損してしまいました。

そこで手元にあるものでボールを落とす工具を作ってしまいました。(結局、無料)

ここでは自作した工具を使ってキャノン(Canon)のプリンターIP4830のインクタンク BCI-326のインクの詰め替えで一番の難関になるインクタンクを塞いでいるボールを落とす方法を紹介します。

 

 

インクタンクのボールを落とす手順

ペンチかプライヤー、M3のネジ、輪ゴム、ここに有りませんがハンマーを用意します。

M3のネジはホームセンターで100円程度で購入できます。

ボール落としに必要な工具類

 

プライヤーの先にM3のネジを挟みます。

※ 5mm突き出る程度。

ペンチでジを挟む

 

プライヤーを離してもネジが落ちないように握る部分を輪ゴムで固定します。

輪ゴムで固定する

 

インクタンクのボールの上を覆っているビニールをカッターナイフで突き刺してめくって剥がします。

作業前のインクタンク

 

ビニールを剥がすと、インクタンクを塞いでいるボールが見えます。

ビニールを剥がす

 

インクタンクをバイスに固定します。

バイスが無ければ、誰か他の人に硬い台の上でインクタンクを保持してもらいます。

※ 台の上に雑誌やクッションになるものを置くとボールを落とせないため、必ず硬い台の上で作業してください。また手を叩かないように注意してください。

ネジの頭をハンマーで叩きます。

今回、金属ハンマーで叩いてボールを落としましたが、ボールがしっかりと取り付けられているため、力を加減しているとはいえ2~3回叩いてやっと落ちるといった感じです。

ハンマーで叩く

 

ボールがキレイに落ちるとこのようになります。

ボールが落ちたインクタンク

 

中には、ボールを保持する部分が破損して割れてしまったインクタンクもあります。

インクタンク本体が割れたわけではないため、このまま使用しても支障ありません。

※ 下の写真ではインクタンクの上部が割れているように見えますが、ビニールが捲れて剥がれた痕です。・・・念のため

ボール保持部分が破損したインクタンク

 

全てのインクタンクでボールを落とす作業が終わると、インクタンクにスポイトや注射器のようなもので詰め替えインクを入れてゴム栓をします。

インクタンクにインクを注入

 

※ メーカーはインクの詰め替え行為を薦めていないため、自己責任でお願いします。

この記事へのトラックバックURL