ショップや家電量販店で販売される特価品パソコンは本当にお買得なのか?

ボーナスをあてにして、特価になったメーカー製パソコンのメールや広告チラシが目に入ってきます。

しかし、X,XXX円引きとか書いてあっても、本当に得になっているのか良く分かりません。

メーカー製のパソコンは買ってきたままでもスイッチを入れて簡単な初期設定をするだけで使えるようになっているので、手間がかからないだけでなく、簡単な質問であればメーカーサポートが回答してくれます。

しかし、リカバリディスクを作り忘れたり、故障すると購入金額に対して割りに合わない程の金がかかるので、良い事ばかりではないことも事実です。

一方、部品を購入して自分で組み立てる自作パソコンは、上で挙げた欠点は払拭されますが、組立の手間がかかるだけで無く、組立てやOSインストールに関するある程度の知識が必要なので、ハードルが高くなります。

それを踏まえて、特価品のメーカー製パソコンは本当にお買い得なのか、同スペックのパソコンを自作した場合と両者を比較してみました。

 

比較するパソコンは2012年12月9日にNTT-Xからメールされたメーカー製のパソコンと同スペックのパソコンを価格コムで最安値の部品を使って組み立てたパソコンとします。

以下は、NTT-Xから届いたメーカー製の特価品パソコンのメールですが、確かに価格コムで同じパソコンの価格を調べると1万円以上安くてお買い得であることが分かります。

 

┼───────────────────────────────────┼
□ パーソナルコンピューター特価商品コーナー!
┼───────────────────────────────────┼
┌—-▼オススメはこちら!▼——————————————–┐

◆Corei3搭載デスクトップ!20型液晶ディスプレイがついてこの価格!◆
▽Acer▽Aspire X1 AX1935-H34D/T
│(Corei3-2120/4G/500G/Sマルチ/W7HP64-SP1/APなし/20型ワイド液晶)
│48,020円(税込)+今だけ:13,220円割引 = 34,800円(税込) + 送料無料
└→ http://nttxstore.jp/_II_EI13979411?LID=mm&FMID=mm

<スペック>
□ OS:Windows7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1)
□ CPU:Core i3-2120 プロセッサー
□ メモリ:4GB
□ HDD:500GB
□ 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
□ ディスプレイ:20インチワイド非光沢/ 16:9画面/1600×900

 

acerのパソコン

 

しかし、これと同スペックのパソコンを部品から組み立てるとどうなるでしょうか?

2012年12月9日現在の価格コムのパソコン部品から最安値の物を選択しましたが、あまりにも評判の悪い物や常識的に外した方が良いものは除外しました。

例えば、ボールマウス(普通は光学式のマウスを使用)やVGAしか無いマザーボードなど。

また、OSはWindows8(RP版からのアップグレード価格が3,300円)の方がWindows7より安いのでWindows8を選択しました。

送料は無視して比較します。

液晶ディスプレイ BenQ
G2025HD [20インチ グロッシーブラック]
8,578円
CPU Intel
Core i3 2120 BOX
9,457円
マザーボード ASRock
H61M-HVS
3,465円
メモリ Silicon Power
SP004GBLTU133V21 [DDR3 PC3-10600 2GB 2枚組]
1,490円
ハードディスク WESTERN DIGITAL
WD5000AAKX [500GB SATA600 7200]
3,780円
DVD-ROM LITEON
iHAS124-06 B
1,666円
ケース OSIRIS サイズ
OSIRIS
3,337円
キーボード サイズ
SCKB05-WH (ホワイト)
455円
マウス エレコム
M-EGUR
190円
OS Windows8 3,300円
合 計 金 額 35,718円

 

NTT-Xから届いたメールに記載されたメーカー製パソコンは34,800円、それに対して価格コムの最安値のパソコン部品を使ってパソコンを自作すると35,718円、その差はたったの918円でした。

価格だけ見たら両者にほとんど差が有りません。

 

コレを見ると、メールや広告チラシに特価品と記載されていても、別に安いとは思えないので、自作できるのであれば慌てて飛びつく程の物ではないですね。

 

 

メーカー製の特価品パソコンと自作パソコンの価格はほとんど変わりませんでした。

さて、あなたならどちらを選びますか?

価格が変わらないのであれば、私は間違いなくパソコン部品を買って自作します。

今回選択したパソコン部品はメーカー製パソコンのスペックに合わせたものなので、スペックに不満なパソコン部品が沢山有ります。

例えば、20インチのディスプレイは小さいので、2,000円追加して21.5インチにします。・・・さらに予算が許せば23インチにします。

また、マウスとキーボードは2,000円追加して使い勝手の良い無線式にします。

CPUは300円追加して最新の省電力モデルであるCore i3 3220 BOXにします。

たった4,300円追加投資するだけで、かなりの不満が解消されます。

さらに、動画を扱うなら、500GBのハードディスクではいずれ足りなくなるので、さらにお買い得感のある2TBや3TBを予め選択した方が良いでしょう。

ゲームをやるならビデオカードを追加し、CPUも性能の良いものを・・・・

 

自分でパソコンを組み立てると部品どおしの相性で動かなかったり組立時に誤って壊すリスクがあり、さらに組立やOSインストールに関する知識が必要になるため、誰にでも勧められるものではありませんが、このように自分の好みに合わせて部品を選択すると、初めから不満な点を解消できるので買った後に後悔して買い直すこともないと思います。

インターネットを探せばパソコンの自作に関するサイトは沢山あるし、疑問な点は質問すれば親切な人が教えてくれます。

明らかに価格に差がある場合は別ですが、そうでなければ暇な時間を利用して必要な情報を集めてパソコンを自作してみてはいかがでしょうか?

娘や息子から「パパ、凄い」って褒めてもらえるかも!・・・これが一番嬉しい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください